夜桜能@靖国神社

花散らしの嵐の直前
水曜日の夜桜能、見に行きました
f0266350_13123748.jpeg
舞台は日本最古という、靖国神社能舞台
満開の桜の下、演目は”鉄輪”
狂言は野村万作さんの苞山伏
風が吹くたびに、花吹雪が舞台にまで舞って
薪能初体験でしたが、多分最高のタイミングでの
夜桜能となりました
f0266350_13183312.jpeg

f0266350_13190465.jpeg

f0266350_13193510.jpeg

f0266350_13195416.jpeg

去年の暮れ頃、10年以上もご自分でも能を演じ
機会がある度に声をかけて下さった方が
突然、お能から離れるとの宣言
もうお能と親しむのも難しいかしら、と思っていた
矢先に、ドッグランの若いお嬢さんからのお誘い
思いがけない素敵な夜となりました
これからも、自分で努力して
お能を見続けなければ、と思ったのでした
f0266350_13201820.jpeg

by luna-uzu-mai | 2016-04-08 13:10 | Comments(2)
Commented by isobeyoko at 2016-04-08 15:50 x
まあなんて幻想的なこと!夜桜能。抜群のタイミングでしたね。去年の宮島を思い出しました。
今年の桜のはかなさったら。こちらも昨日の風雨で
歩道がピンクに。ですが紅枝垂や御室の桜はこれから楽しめます。
 書きちらした紙類があっちにもこっちにもで全然片付きませ~ン。会計まで頼まれてもうキャパ超えてます。
Commented by luna-uzu-mai at 2016-04-10 20:33
Yokoさま
そうですね。厳島神社の奉納狂言は舞台+潮の満ち干、今回は舞台+夜桜・・・
魅力的な舞台設定でしたものね・・・。

こちらも、ソメイヨシノと八重桜が一緒に咲いたような気がします。
気が付けば、もう欅の緑がずいぶん濃くなって一気に新緑の季節、
桜が終わると急に時間の進み方が早くなってしまいますね。

相変わらずお忙しい御様子、無理なさらずに・・・。

<< 春の終わりのお台場遠足 まいちゃんビーチを走る >>